トップページ > 業務実績 >

業務実績

09環境共生・エネルギーのまちづくり

当研究所は、これまで建設省のエコシティの初期の調査に関わり、都市構造等都市全体の視点から環境共生のあり方について、検討してきました。また、近年では、地方自治体、電機メーカー、ガス事業者等と共同で燃料電池、太陽光発電等分散型エネルギーを活用した、環境負荷の小さい「エネルギーのまちづくり」の研究開発、実現に取り組んでいます。
メーカー等から得た最新の技術情報を活かしたハードとまちづくりのソフトを融合させた提案を特色としています。

近年の実績

○平成20年度渋川市環境基本計画策定および環境基本計画推進事業業務補助----成和コンサルタント(株)/渋川市(2008年度)
○平成15年度ツインシティ協働研究モデル事業検討資料作成委託----神奈川県(2003年度)
○ツインシティ研究会研究成果発表資料等作成委託業務----神奈川県(2000〜2002年度)
○羽咋市・志雄町新エネルギービジョン先導的プロジェクト導入検討調査業務----ピーディシステム(2002年度)
○郊外型最適エネルギーシステム構築に関する調査研究----都市基盤整備公団(1999年度)

自主研究

○かながわエコエネルギータウンプロジェクト(2004年度〜)

・東京ガス、明電舎、東芝燃料電池システム、新菱冷熱、ハウスメーカー6社と共同で、太陽光発電と燃料電池を複数の戸建て住宅で共有する街区の実現に向けた研究開発を行っています。
・また、神奈川県、県民、研究会が参加し、実現を目指して活動している「かながわエコエネルギータウン友の会」の運営も行っています。

受賞歴

○第1回低未利用地活用提案競技審査員特別賞----財団法人としみらい推進機構(2003年度)

・海老名市の中心市街地の未利用地に、太陽光発電、マイクロガスタービン、燃料電池を組み合わせた発電所とその廃熱を利用した温水プールを提案し、審査員特別賞を受賞しました。

○「わたしの防災アイデア」入選----人とみらい防災センター(2003年度)

・密集市街地の防災対策として、太陽光発電、大容量蓄電池、雨水利用の防火水槽、電動ポンプ付きの屋外消火栓を設置したエコ防災アパートを提案し、入選しました。

○平成18年度環境日本一エコエネルギーコンテストアイデア部門----山梨県(2006年度)

・山梨県が主催したエコエネルギーのアイデアコンテストにおいて、太陽光発電、太陽熱温水器、小出力ガスエンジンコジェネレーションシステムの3つを組み合わせて戸建て住宅に設置するシステム(戸建て住宅用トリプルハイブリッドエネルギーシステム)を提案し、銅賞を受賞しました。

このページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2004 by Keikaku Gijutsu Kenkyujo, all rights reserved.