トップページ > 業務実績 >

業務実績

04景観・アーバンデザイン

これまで、都市における景観形成に関わるマスタープラン、ニュータウンやプロジェクトにおける景観計画、歴史的街並みの保全・整備計画、商店街や住宅市街地における街並み形成、都市施設の計画・設計(道路、公園、河川等)、公共施設の計画・設計(庁舎、拠点施設等)、公共サインの計画・設計、景観形成誘導の手法制度の検討など、幅広く景観・アーバンデザインに携わっています。これら計画策定や設計に取り組む上で、その都市における風土、歴史、文化、人々の営みを基調に、景観の構造や文脈を明確にしつつ、その都市に相応しい景観形成の方向性を提案しております。また、一連のプロセスに住民参加手法を導入し、住民自らが創り出し、育む景観づくりに取り組んでいます。

都市における景観形成に関わるマスタープラン(景観計画の策定等)

近年の主な実績

○大田区景観計画策定にむけた調査・検討業務----東京都大田区(2010〜2012年度)

・大田区景観計画策定に向けた調査及び検討を行いました。
・2010年度は、区全域の景観現況を市街地の類型化などの「面」、樹木や歴史的建造物などの「点」、河川や旧道、商店街などの「線」ごとに把握するとともに、区内にある18出張所ごとの景観の現況などを整理した地区カルテを作成しました。また、それに基づき、景観計画及び条例骨子案(主な構成のみ)と次年度以降の景観計画の策定方針をとりまとめました。
・2011年度は、学識経験者6名からなる大田区景観計画策定作業部会を設置し、今後の大田区の景観のあり方に関する議論を行うとともに、景観計画のたたき台を検討しました。2012年3月には大田区の景観づくりのきっかけとして、景観シンポジウムを開催しました。
・2012年度は、学識経験者、団体及び業界代表、区民および区職員からなる大田区景観計画策定委員会を設置し、景観計画の検討を進めるとともに、2013年度中を予定している景観計画の運用に向けて、景観計画を分かりやすく解説した概要版や建築物景観・色彩・公共施設ガイドラインの案などを作成しました。

○(仮称)目黒通り沿道景観軸特定区域景観形成基準策定支援業務委託----東京都目黒区(2010〜2011年度)

・目黒区では総合的な景観行政を進めていくため、2009年10月に目黒区景観条例を制定し、翌11月に景観行政団体へ移行、2010年3月に目黒区景観計画を策定し、翌4月より運用を開始しています。
・目黒区景観計画では、より良好な景観づくりを推進するため、地区の特性を考慮した景観形成基準により、規制・誘導をしているところです。
・このうち目黒通り沿道は、景観形成上重要な区域として景観軸特定区域に位置づけ、関係住民等の意見を伺いながら景観形成基準を定めるなど、景観形成を推進していくこととしています。
・景観形成基準づくりの検討にあたっては、目黒通り沿道の住民等への説明会の開催のほか、懇談会を開催し、意見交換等を行いました。
・あわせて目黒区景観計画の改訂を行いました。

○東逗子駅周辺地区景観計画策定等支援業務委託----神奈川県逗子市(2009〜2010年度)

・逗子市景観計画に定める景観形成重点地区である「東逗子周辺地区」において、平成2009、2010年度の2カ年かけて、景観計画を策定しました。
・2009年度は基礎資料の整理、地元商店会や町内会・自治会参加によるワークショップを計3回行いました。
・2010年度は前年度に引き続き、計3回のワークショップを行い、案を固め、その後市民や地権者を対象とした各種説明会の開催支援、パブリックコメントの整理・分析、景観計画のパンフレットの作成を行うとともに、「景観アクション」と称して、東逗子駅周辺の景観まち歩きイベントを実施するとともに、東逗子駅周辺地区の散策マップを作成しました。
・景観計画は、当該地区周辺が山々に囲まれている、地区中心部を河川が流れている、その中に比較的落ち着いた雰囲気の商店街があるという特長を有していることから、商店街沿い、河川沿いといった地区特性に応じて景観形成の方針・基準を定めました。

○目黒区景観形成方針改訂及び景観計画策定業務----(株)生態空間研究所/東京都目黒区(2007〜2009年度)

・生態空間研究所の協力チームとして、3カ年に渡り、作業を行いました。
・2007年度は、目黒区にふさわしい景観計画、景観形成基準のあり方について検討し、2008年度は、それに基づいて、景観計画の内容、具体的な景観形成基準の表現、内容について検討しました。2009年度は、目黒区景観計画(案)及び景観形成基準等の内容を精査するとともに、区による景観条例の制定を支援しました。更に目黒区景観計画、同概要版の編集作成を支援しました。
・目黒区景観条例は2009年11月施行、目黒区景観計画は2010年4月より施行されました。

○足立区景観計画推進支援等業務委託----東京都足立区(2008〜2009年度)

・2007年度までに作成された景観計画(案)を精査するとともに、区民等への普及啓発の資料として景観計画を分かりやすく説明した足立区景観計画概要版、景観形成基準、景観形成基準(色彩版)の3種類の頒布物の作成を支援しました。
・2008年度は、景観形成特別地区指定を検討していた日暮里・舎人ライナー沿線地区を対象に屋外広告物の現況調査を実施するとともに、現況と景観形成のための基準案を適用した場合を比較するための資料としてフォトモンタージュを作成しました。
・2009年度は、日暮里・舎人ライナー沿線地区における屋外広告物に関するルールを分かりやすく説明したパンフレット、区民等への普及啓発の資料としてA1サイズのパネルを10枚作成しました。

その他の近年の実績

○小笠原景観基礎調査委託----東京都小笠原村(2006〜2007年度)
  ○平成17年度小笠原街並み景観づくり調査委託----東京都小笠原村(2005年度)
○世界遺産の玄関口となる魅惑都市小笠原の創出----財団法人都市づくりパブリックデザインセンター(2005年度)
○鎌倉市都市景観形成基本計画見直し業務----神奈川県鎌倉市(2004年度)
○景観地区等新たな都市計画手法の活用に関する検討業務(鎌倉市)----(財)都市計画協会/国土交通省(2004年度)

景観形成誘導の手法の検討

近年の主な実績

○大田区景観計画推進支援業務委託----東京都大田区(2014〜2016年度)

・2013年10月に策定された大田区景観計画(弊社が策定を支援)の推進につながる各種調査・施策の検討等を行いました。
・具体的には、景観形成重点地区指定に向けた調査検討(洗足池周辺、池上本門寺周辺)、大田区景観まちづくり賞の検討・開催支援、景観重要建造指定に向けた調査(区内の建造物調査、他地区における指定状況や助成制度等の調査等)、屋外広告物の規制誘導に関する事例調査及び大田区における規制誘導手法の検討等を行いました。

○武蔵野市高さ制限導入検討支援等業務委託----東京都武蔵野市(2011〜2013年度)

・2011年度は絶対高さ制限高度地区を導入するための基礎調査として、都市計画基礎調査や建築確認のデータから建物の高さの現況を把握し、それを基に絶対高さ制限導入の目的を整理し、高さの最高限度の案を検討した。さらに、市域における用途地域毎の指定や地区指定の方針のたたき台、特例措置の仕組みを検討しました。
・2012年度は2011年度の現状分析、他区市町村の事例等を基に、高さの最高限度の数値、特例値、数値毎の指定方針、大規模敷地等に対する特例措置、既存不適格建築物の取り扱い等を検討し、都市計画決定に向けた絶対高さ制限高度地区の都市計画図書及び運用基準のたたき台を検討するとともに、都市計画図書(たたき台)及び運用基準(たたき台)に関する住民説明会の実施を支援しました。
・2013年度は絶対高さ制限高度地区の都市計画決定に向けて、商業地域における導入の検討、必要となる都市計画図書案及び運用基準案の作成、住民説明会の実施に関する支援、運用の手引き案の作成を行いました。

その他の近年の実績

○静岡道路景観整備計画検討調査業務委託----(特非)地域づくりサポートネット/国土交通省(2004年度)
○父島西町・東町地区街並み景観ガイドライン策定調査委託----東京都小笠原村(2004年度)
○屋外広告物行政の課題に対応するための制度構築に関する調査----(社)全国屋外広告業団体連合会/建設省(2000年度)
○ゆふいん建築・環境デザイン検討調査----由布院温泉観光協会(1999年度)
○平成11年度松江市公共施設デザイン指針策定業務----島根県松江市(1999年度)
○住民参加型官庁施設整備手法の調査検討業務----建設省中国地方建設局(2000年度)

ニュータウンやプロジェクトにおける景観計画

その他の近年の実績

○父島西町・東町地区街並み景観整備調査----東京都小笠原支庁(2003年度)
○「私の高津のお気に入り百選」事業運営業務----神奈川県川崎市(2003年度)
○緑のふるさと農村再生事業委託----福岡県北九州市(2002年度)
○平成13年度3・3・5山形停車場松波線地方特定道路整備事業街並みづくり推進方法検討調査業務委託----山形県(2001年度)
○平成13年度筑波研究学園都市都心地区の再整備方策検討調査----茨城県(2001年度)
○秋田新都市戦略的住宅地整備手法----都市再生機構(2000〜2004年度)

都市施設の計画・設計

その他の近年の実績

○小笠原の都市づくり調査委託(その1)----東京都都市整備局(2007年度)
○道路施設詳細検討(父−西町・東町)----東京都小笠原支庁(2004〜2005年度)
○鷺沼配水池上部広場整備計画策定調査----神奈川県川崎市水道局(2003〜2004年度)
○ウォーキングトレイル整備事業設計委託----大分県湯布院町(1997〜1998年度)

公共施設の計画・設計

近年の実績

○新潟駅駅舎・駅前広場計画提案競技助言・調整業務委託----新潟県新潟市(2002年度)
○新潟駅駅舎・駅前広場計画提案競技助言・調整業務委託----新潟県新潟市(2001年度)
○委託国第1号駅前型新規住宅供給モデル事業設計業務委託----熊本県宮原町(2001年度)
○鮎の瀬地区交流施設新築工事設計管理業務委託----熊本県矢部町(1999年度)

このページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2004 by Keikaku Gijutsu Kenkyujo, all rights reserved.